格差社会とたたかう : 〈努力・チャンス・自立〉論批判

後藤道夫, 吉崎祥司, 竹内章郎, 中西新太郎, 渡辺憲正 著

新自由主義政策のなかで拡大する絶対的格差と貧困。他方での格差容認・生き残り競争へと煽る言説の流布。その実態とイデオロギーを批判的に解析し、克服に向けた課題を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-本書が解き明かす問い
  • 第1章 格差社会の実態と背景
  • 第2章 「努力すれば報われる」とは何か
  • 第3章 「機会の平等」とは何か-そのイデオロギーと現実
  • 第4章 「自立支援」とは何か-新自由主義社会政策と自立像・人間像
  • 第5章 格差社会論を読みなおす
  • おわりに-格差拡大をやめさせ貧困をなくすために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差社会とたたかう : 〈努力・チャンス・自立〉論批判
著作者等 中西 新太郎
吉崎 祥司
後藤 道夫
渡辺 憲正
竹内 章郎
書名ヨミ カクサ シャカイ ト タタカウ : ドリョク チャンス ジリツ ロン ヒハン
シリーズ名 現代のテキスト
出版元 青木書店
刊行年月 2007.1
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-250-20702-0
NCID BA80297571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21262809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想