十八史略  5(官僚の論理)

曽先之 著 ; 『中国の思想』刊行委員会 編訳 ; 村山孚, 守屋洋 訳

太祖趙匡胤の起こした宋王朝。契丹"遼"、女真"金"、蒙古"元"と猛烈な異民族の中国侵攻が続くなか、「抵抗か屈従か」苦渋の選択を迫られつつ、国のために信義と熱情を傾けた士大夫二百余名の凄絶な生の軌跡。堂々たる宋王朝、治乱興亡の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宋王朝の創建
  • 2 宰相群像
  • 3 改革派と保守派
  • 4 抵抗か屈従か
  • 5 三つどもえ
  • 6 南宋の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十八史略
著作者等 守屋 洋
曽 先之
村山 孚
『中国の思想』刊行委員会
書名ヨミ ジュウハッシリャク
書名別名 Juhasshiryaku
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次 5(官僚の論理)
出版元 徳間書店
刊行年月 2007.2
ページ数 392p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-19-892561-1
NCID BA88243077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21175406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想