エジプトアマルナ王朝手紙集 : 王への手紙王からの手紙

飯島紀 著

歴史上初めて一神教を唱えた古代エジプト王朝の政治・社会習慣を知る。テル・エル・アマルナで発見された古文書、296の手紙の内、45編を選んで解説し、かつアッカド語の文法を後半に掲載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アマルナ王朝手紙集(アーメン・ヘテプ三世よりバビロニア王へ
  • バビロニア王よりアークエン・アテン王へ
  • ミタンニ王よりアーメン・ヘテプ三世へ
  • ミタンニ王より女王テイへ ほか)
  • 第2章 文法解説(音韻
  • 時代変化
  • 代名詞
  • 名詞 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エジプトアマルナ王朝手紙集 : 王への手紙王からの手紙
著作者等 飯島 紀
書名ヨミ エジプト アマルナ オウチョウ テガミシュウ : オウ エノ テガミ オウ カラノ テガミ
書名別名 Ejiputo amaruna ocho tegamishu
シリーズ名 古代の歴史ロマン 11
出版元 国際語学社
刊行年月 2007.1
ページ数 290p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87731-342-5
NCID BA80743043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21187328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想