山村暮鳥

萩原進 編

[目次]

  • 目次
  • 口絵 山村暮鳥肖像
  • 口絵 水戸時代の住居
  • 口絵 大洗の詩碑
  • 口絵 暮鳥の手紙
  • 口絵 群馬の詩碑採録の原本
  • (I) その生涯
  • 在郷時代(志村弘之) / 2
  • 一、 越後の蠅 / 2
  • 二、 花の筵 / 8
  • 三、 宿直異状なし / 14
  • 四、 Going my Way / 21
  • 出郷後から平移住まで(和田義昭) / 28
  • 一、 聖三一神学校時代 / 28
  • 二、 近代詩への出発 / 36
  • 平・水戸に於ける暮鳥(平輪光三) / 48
  • (II) 群馬と暮鳥の位置
  • 山村暮鳥の郷土(田島武夫) / 76
  • 暮鳥と群馬の詩壇(東宮七男) / 91
  • (III) 作品鑑賞
  • 第一期 (神保治八) 暮鳥浪漫主義時代・象徴主義時代詩の解説 / 112
  • 第二期 (関俊治) 祈り・苦悩・饒舌の時期 / 144
  • 暮鳥の詩表現(立見宏) / 167
  • 第三期 (豊田勇) 詩集「雲」及び「月夜の牡丹」 / 177
  • (IV) 主要著作解題・暮鳥をめぐる人々・年譜
  • 暮鳥に関する文献解説 並 暮鳥をめぐる人々(小山茂市) / 198
  • 一、 暮鳥の著作概観 / 198
  • 二、 苦学生時代のもの / 200
  • 三、 SFYの穿鑿 / 206
  • 四、 趣味の装幀 / 210
  • 五、 流星時代のてがみ / 218
  • 六、 馬村時代のてがみ / 222
  • 七、 暮鳥時代のてがみ / 225
  • 山村暮鳥年譜(志村・和田・平輪・田島) / 228
  • (V) 寄せ書
  • 磯浜での晩年・土田ふじ子 / 236
  • 雅号の選考・人見円吉 / 239
  • 磐城平・花岡謙二 / 242
  • 暮鳥と夕暮と僕と石・稲葉宗夫 / 246
  • 編集後記・萩原進 / 250

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山村暮鳥
著作者等 萩原 進
書名ヨミ ヤマムラ ボチョウ
書名別名 Yamamura bocho
出版元 山村暮鳥詩碑建設委員会
刊行年月 1958
ページ数 252p 図版
大きさ 18cm
NCID BA52556875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60001272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想