マンガの国ニッポン : 日本の大衆文化・視覚文化の可能性

ジャクリーヌ・ベルント 著 ; 佐藤和夫, 水野邦彦 訳

マンガは、なぜ日本でこれほどまでに人気があるのか?情報化社会とマンガはどのような絡み合っているのか?情報化社会の先駆的存在としての日本のマンガ-。気鋭のドイツ人研究者による独創的考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マンガ現象-序にかえて
  • 第2章 マンガ-大衆文化の申し子(日本のマンガと大衆文化-明治期から一九七〇年代まで
  • 二極分化対立構造の観点による大衆文化-理論的考察
  • マンガは成長する-八〇年代)
  • 第3章 視覚メディアとしてのマンガ-今日のマンガ人気の脈絡をさぐる(図像の世界としての情報社会
  • マンガの美学-日本的特殊性
  • 図像(絵)について)
  • 第4章 総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガの国ニッポン : 日本の大衆文化・視覚文化の可能性
著作者等 Berndt, Jaqueline
佐藤 和夫
水野 邦彦
ベルント ジャクリーヌ
書名ヨミ マンガ ノ クニ ニッポン : ニホン ノ タイシュウ ブンカ シカク ブンカ ノ カノウセイ
書名別名 Manga no kuni nippon
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2007.1
版表示 新装版.
ページ数 181p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7634-0484-8
NCID BA80874482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21185581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想