右であれ左であれ、わが祖国日本

船曳建夫 著

改憲か護憲か、親米か反米か、愛国心は是か非か-。左右イデオロギーの対立軸だけで国家を論じるのは思考停止だ。著者は、過去五百年の歴史をふまえ、「国際日本」「大日本」「小日本」という三つのモデルで考える国家論を披瀝。さらに、三つの主勢力(中国・ロシア・西洋)との距離のとり方が、日本の命運を握ってきた、と考察する。そして、この「三つのモデル」と「三つの主勢力」という枠組みから、憲法第九条、集団的自衛権、核武装論、六カ国協議への対応策を導き出す。地政学的発想から描いた独創的な日本国家論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 なぜ、いま「国家論」なのか
  • 第1章 右であれ左であれ、あなたの日本
  • 第2章 国際日本・大日本・小日本-室町から戦前までの日本の国家モデル
  • 第3章 中国・ロシア・西洋という脅威-三つの主勢力による東アジアの地政学的環境
  • 第4章 戦後日本の夢と現実-敗戦から第一次イラク戦争まで
  • 第5章 右も左も傷ついた「戦後・後」の日本-冷戦終結・バブル崩壊・第一次イラク戦争
  • 第6章 戦争をしない方法、勝つ方法-集団的自衛権・憲法第九条の問題
  • 第7章 「中庸国家」という日本の針路-世界とどう向き合うか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 右であれ左であれ、わが祖国日本
著作者等 船曳 建夫
書名ヨミ ミギ デ アレ ヒダリ デ アレ ワガ ソコク ニホン
書名別名 Migi de are hidari de are waga sokoku nihon
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2007.1
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-65894-0
NCID BA80196643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21179607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想