負の数学 : マイナスかけるマイナスはマイナスになれるか?

アルベルト・A.マルティネス 著 ; 小屋良祐 訳

マイナスかけるマイナスがマイナスになるような数学のシステムをつくることができるだろうか?実はできる。しかし、この話はあまり知られていない。こういった遊び心満載の逸脱もその歴史も、ふつう学校では教わらない。これはちょっとした秘密である。あたらしい数学理論の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに
  • 2 問題
  • 3 歴史 無未満がひきおこした大騒動
  • 4 歴史 意味のある表示・無意味な表示
  • 5 歴史 根本的に新しい数学をつくる
  • 6 いくらか柔軟な数学
  • 7 意味のある数学の構築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 負の数学 : マイナスかけるマイナスはマイナスになれるか?
著作者等 Martinez, Alberto A
小屋 良祐
Martinez Alberto A.
マルティネス アルベルト・A.
書名ヨミ フ ノ スウガク : マイナス カケル マイナス ワ マイナス ニ ナレルカ
書名別名 Negative math

Fu no sugaku
出版元 青土社
刊行年月 2006.12
ページ数 334p
大きさ 20cm
ISBN 4791763130
NCID BA80054922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21252481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想