ウンベルト・エコとの対話

トーマス・シュタウダー 著 ; 谷口伊兵衛, ジョバンニ・ピアッザ 訳

処女作『バラの名前』に始まり、『フーコーの振り子』、『前日の島』、『バウドリーノ』、そして最新作『女王ロアーナ謎の炎』に及ぶ記号論学者U・エコの全小説についての個別のインタヴューと、その背景をなすエコの幼年期から青年期の遍歴を、エコ研究の第一人者T・シュタウダーが詳細に剔出している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『バラの名前』
  • 第2章 『フーコーの振り子』
  • 第3章 『前日の島』
  • 第4章 『バウドリーノ』
  • 第5章 エコの伝記の節目
  • 第6章 『女王ロアーナの謎の炎』
  • 書誌
  • 付録 「読む理由あれこれ」(ウンベルト・エコ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウンベルト・エコとの対話
著作者等 Eco, Umberto
Piazza, Giovanni
Piazza, Giovanni M.
Stauder, Thomas
谷口 伊兵衛
ピアッザ ジョバンニ
シュタウダー トーマス
書名ヨミ ウンベルト エコ トノ タイワ
書名別名 Gesprache mit Umberto Eco

Gespräche mit Umberto Eco

Unberuto eko tono taiwa
出版元 而立書房
刊行年月 2007.1
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88059-332-6
NCID BA80187766
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21176838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想