複雑系とシステムリスク分析

時永祥三 編著

[目次]

  • 第1部 エージェント理論(複雑系とシステムリスク分析の基本
  • エージェントによる連係・交流分析
  • GP学習するマルチエージェントによるオークション市場 ほか)
  • 第2部 リスク構造・状態推定(ジャンプ過程を含む変動要因モデルにおけるISによるテイル分布推定
  • GPによる状態方程式近似と粒子フィルタ法を用いた状態推定
  • GP手法によるネットワーク構造分析)
  • 第3部 データマイニング(GP手法による株価分析システム
  • 遺伝的プログラミングによるクラスタ特徴記述システム
  • ニューラルネットワークとGPによるクレジット審査システム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複雑系とシステムリスク分析
著作者等 時永 祥三
書名ヨミ フクザツケイ ト システム リスク ブンセキ
出版元 九州大学出版会
刊行年月 2006.12
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 4873789249
NCID BA79936516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21174397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想