古代小説史稿 : 源氏物語と其前後

石川徹 著

[目次]

  • 古代小説史稿 -源氏物語と其前後-
  • 目次
  • 緖言
  • 1
  • 第一章 物語文学の本質と王朝小説の推移 / 3
  • 2
  • 第二章 竹取から宇津保の頃までの物語に就いて / 33
  • 第三章 宇津保物語概略 / 61
  • 第四章 宇津保物語の巻次と構想 / 80
  • 第五章 富沢美穂子著 関みさを補訂 宇津保物語研究(書評) / 114
  • 第六章 落窪物語の構成 / 126
  • 3
  • 第七章 土佐日記に於ける虚構の意義 / 139
  • 第八章 紫式部日記成立論 / 179
  • 第九章 菅原孝標女の結婚に就いて / 233
  • 4
  • 第十章 平安朝に於ける 物語と和歌との相互関係に就いて / 253
  • 第十一章 源氏物語若紫巻の構想に就いて / 288
  • 第十二章 源氏物語の巻名と古歌との関係に就いて / 300
  • 第十三章 定家の作歌と物語との関係-「花も紅葉もなかりけり」の解釈を中心に- / 317
  • 5
  • 第十四章 王朝小説の変貌と源氏物語の位相 / 333
  • 第十五章 伊勢物語の発展としての源氏物語の主想-輝く日の宮と光る君と- / 358
  • 第十六章 正編と対比して見た続編宇治十帖の性格 / 385
  • 6
  • 第十七章 源氏物語の影響を受けた平安後期の文学 / 411
  • 第十八章 浜松中納言物語闕巻の構想に就いて / 441
  • 第十九章 浜松中納言物語概説 / 476
  • 第二十章 堤中納言物語総号考 / 493
  • 7
  • 第二十一章 平安朝小説が受けた中国文学の影響 / 529
  • 後記 / 545
  • 索引 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古代小説史稿 : 源氏物語と其前後
著作者等 石川 徹
書名ヨミ コダイ ショウセツ シコウ : ゲンジ モノガタリ ト ソノ ゼンゴ
出版元 刀江書院
刊行年月 1958
ページ数 547p
大きさ 22cm
NCID BN07872555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58010716
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想