僭主政治について  上

レオ・シュトラウス 著 ; 石崎嘉彦, 飯島昇藏, 面一也 訳

シュトラウスは、ネオコンの源といえるのか?ナチズムやスターリニズムとして出現した現代の"僭主政治"-その理論的・実践的諸問題の核心に迫る思想的対決の書。古典的テキストの綿密な分析と考察(上巻)に、激烈に交わされた友人コジェーヴとの対話と書簡(下巻)を収録したシュトラウス政治哲学の輝かしき結晶。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 僭主政治について(クセノフォン『ヒエロンまたは僭主的な人』
  • レオ・シュトラウス『僭主政治について』
  • 『僭主政治について』への注)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僭主政治について
著作者等 Strauss, Leo
石崎 嘉彦
金田 耕一
面 一也
飯島 昇蔵
シュトラウス レオ
書名ヨミ センシュ セイジ ニ ツイテ
書名別名 On tyranny. (Rev.and expanded ed.)
巻冊次
出版元 現代思潮新社
刊行年月 2006.12
ページ数 315p
大きさ 20cm
ISBN 432900447X
NCID BA79866760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21156092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想