秘本『一片の情』艶情夜話

土屋英明 訳

金の犠牲になり老人と一緒にされた少女。目の見えない男に嫁がされた美女。悪い坊主の罠にかかる未亡人。とはいえ彼女たちはしたたかだ。逆境をはねのけ、男たちを手玉にとって性の快楽に身を震わせる。初の日本語訳で蘇る中国幻の傑作艶本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 老人が色っぽくて若い妾に夢中になる
  • 目の見えない亭主は美人の女房が気が気でならない
  • エロ坊主にねらわれた美しい未亡人
  • したたかな女房が亭主を房事過多にさせて殺そうとする
  • 醜男が最後にうまい汁を吸う
  • 母親が娘を囮にして男を誘う
  • 甕の神が良家の婦女を巧みにおびき寄せる
  • 床屋の亭主が路傍の花を恋いしたう
  • 女たらしが少しずつ甘い汁を吸う
  • 奇英が間違って蓬莱に入り込む
  • 大の男がびくびくしてかみさんの尻に敷かれる
  • 子供が色ごとでつらい目にあう
  • 謀秀才が瓢箪から駒
  • 女好きの蝋梨が墓穴を掘る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘本『一片の情』艶情夜話
著作者等 土屋 英明
書名ヨミ ヒホン イッペン ノ ジョウ エンジョウ ヤワ
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 2006.12
ページ数 472p
大きさ 16cm
ISBN 4198925267
全国書誌番号
21157840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想