章炳麟と明治思潮 : もう一つの近代

小林武 著

章炳麟の思想を、単に伝統の再生や反近代性といった視角から眺めずに、グローバルな知的環境が伝統を触発し、西洋近代思想と対抗させることを追跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 閉じられた世界から開かれた世界へ(中華意識の変容
  • 日本への知的接近)
  • 第1章 章炳麟と明治思潮-西洋近代思想への接近(西洋近代思想への接近
  • 西洋近代思想の陰翳
  • 宗教学者姉崎正治との思想的関係)
  • 第2章 『民報』期の章炳麟と明治思潮-西洋近代思想からの転回(明治の厭世観と章炳麟
  • 「自主」の思想-自利か利他か
  • 『道徳大原論』と共同感情論)
  • 第3章 章炳麟『斉物論釈』の哲学-西洋近代思想との対抗(考証学から哲学へ
  • 本体とは何か-迷いと悟りと
  • 『斉物論釈』-自他融合の哲学と解釈学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 章炳麟と明治思潮 : もう一つの近代
著作者等 小林 武
書名ヨミ ショウ ヘイリン ト メイジ シチョウ : モウ ヒトツ ノ キンダイ
書名別名 Sho heirin to meiji shicho
シリーズ名 研文選書 97
出版元 研文
刊行年月 2006.11
ページ数 218, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4876362661
NCID BA79413868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21157991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想