ネオ・アッシリア語入門(ネオ・アラム語)

佐藤信夫, 飯島紀 共著

中近東の国際公共語アラム語はクルド地方に今もアッシリア人とともに生き残っていた。このアラム文字を、現代アッシリア人はイスラム教徒の数々の迫害、虐待の中で堪え忍び密かに使用している。この度、著者・佐藤氏は戦火消えやらぬコーカサス地方に潜入、現代アッシリア人たちと交流し、その実態を調査してきた。本書はそれらのデータの一部である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネオ・アッシリア語の歴史
  • 第2章 ネオ・アッシリア語文法
  • 第3章 アッシリアの歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネオ・アッシリア語入門(ネオ・アラム語)
著作者等 佐藤 信夫
飯島 紀
書名ヨミ ネオ アッシリアゴ ニュウモン ネオ アラムゴ
書名別名 Neo asshiriago nyumon neo aramugo
シリーズ名 古代の歴史ロマン 10
出版元 国際語学社
刊行年月 2006.11
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 4877313354
NCID BA7948498X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21155480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想