映画旅日記パリ-東京

梅本洋一 著

映画狂は、東京のスクリーンを離れ、映画の聖地パリへと飛び出した。まだ無名だった黒沢清・青山真治を連れ出し、欧米の観客を驚天動地に突き落とすべく、体を張っていくつもの上映会を仕掛けた-。映画への愛と感動と怒りとがほとばしる、白熱のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シネフィルたちの首都 PARIS(ビルアーケム橋から、映画とパリの新しい力が生まれる
  • ひとりのシネフィルの弁明)
  • 2 映画に連れられて Resorts(山形国際ドキュメンタリー映画祭'93
  • マルセイユ・ドキュメンタリー映画祭'99)
  • 3 映画を連れ出して TOKYO/PARIS(世界の変容を見つめること-現代日本映画の三本のフィルム
  • 映画の新たな風景に向けて-第二六回パリ・秋のフェスティヴァル ほか)
  • 4 そして、「任意の空間」へ PARIS/TOKYO(二〇〇一年、東京への旅-『デーモンラヴァー』撮影日誌
  • 砂の顔-『デーモンラヴァー』について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画旅日記パリ-東京
著作者等 梅本 洋一
書名ヨミ エイガ タビニッキ パリ - トウキョウ
書名別名 Eiga tabinikki pari - tokyo
出版元 青土社
刊行年月 2006.6
ページ数 196p
大きさ 20cm
ISBN 4791762738
NCID BA77185332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21151217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想