イタリア・バロック

宮下規久朗 著

聖俗が融合し、神秘と幻惑に満ちた劇場都市イタリアはバロック美術の壮大なラビリンス。その華麗な美と魅力を訪ねる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バロックの土壌(バロックとは何か
  • カトリック改革のローマ
  • 聖年という装置 ほか)
  • 第2章 ローマ・バロックの展開(カラヴァッジョの革新
  • アンニーバレ・カラッチとボローニャ派
  • ベルニーニの劇場 ほか)
  • 第3章 バロックの港(ナポリ
  • ジェノヴァ
  • ヴェネツィア ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イタリア・バロック
著作者等 宮下 規久朗
書名ヨミ イタリア バロック : ビジュツ ト ケンチク
書名別名 美術と建築

Itaria barokku
シリーズ名 世界歴史の旅
出版元 山川出版社
刊行年月 2006.11
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 4634633507
NCID BA79376772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21151093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想