日本近代技術の形成 : 〈伝統〉と〈近代〉のダイナミクス

中岡哲郎 著

西欧先進国から移転された技術と、途上国の在来経済との出会いは、しばしば矛盾と混乱を生み出す。19世紀の日本も例外ではなかった。しかしなぜ日本は、アジアやラテンアメリカ諸国と同じように停滞と植民地化への道を歩まなかったのか。近代日本技術を代表する製糸、紡績、製鉄、造船の4つの産業の発展過程を追うと、西からもちこまれた圧倒的な力に対して、サムライほか改革者たちの奮闘、在来産業の積極的な対応・変容と矛盾を克服する努力、その葛藤のなかでもたらされたダイナミックな発展が見えてくる。工業化を支えるのはなにか。「近代技術の形成」という地球史的視点で、開港から近代国家勃興期の足取りをたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 工業化の始点
  • 第2章 武士の工業
  • 第3章 明治維新と工部省事業
  • 第4章 過渡期の在来産業-その原生的産業革命
  • 第5章 機械紡績業の興隆
  • 第6章 工部省釜石製鉄所から釜石田中製鉄所へ
  • 第7章 近代造船業の形成
  • 第8章 日本近代技術の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代技術の形成 : 〈伝統〉と〈近代〉のダイナミクス
著作者等 中岡 哲郎
書名ヨミ ニホン キンダイ ギジュツ ノ ケイセイ : デントウ ト キンダイ ノ ダイナミクス
書名別名 Nihon kindai gijutsu no keisei
シリーズ名 朝日選書 809
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2006.11
ページ数 486, 24p
大きさ 19cm
ISBN 402259909X
NCID BA79151728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21138752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想