ジェンダー史を学ぶ

長野ひろ子 著

「性差」や「文化的・社会的性」と訳されるジェンダー。その概念が日本に導入された際の困難を辿り、ジェンダー史成立までを描く。研究をリードしてきた著者の多彩な成果を集めた、ジェンダー史を学ぶ人々に贈る必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジェンダー史の地平-序にかえて
  • 第1部 ジェンダー史への歩み(ジェンダー概念と歴史学
  • 国際化のなかの女性史とジェンダー史
  • ジェンダー史と学術の再構築)
  • 第2部 ジェンダー史の論述(日本近世農村におけるマスキュリニティの構築とジェンダー-集団化・組織化と権力作用をめぐって
  • 『誹風柳多留』のディスクール-ジェンダー・階級・身分
  • 転換期のジェンダー分析-明治維新の人物研究について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェンダー史を学ぶ
著作者等 長野 ひろ子
書名ヨミ ジェンダーシ オ マナブ
書名別名 Jendashi o manabu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.11
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 4642079696
NCID BA79087141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21127779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想