地域の自立シマの力  下

新崎盛暉, 比嘉政夫, 家中茂 編

沖縄大学地域研究所の創立一五周年記念事業として、「方法としての沖縄研究」という基本テーマを掲げて、八回にわたる連続シンポジウムを開催した。その第一回から第四回までの成果を収めたものが、二〇〇五年七月に刊行された上巻であり、それに続く第五回から第八回の成果がこの下巻である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 実践としての学問、生き方としての学問-解題と論点の整理
  • 第1部 沖縄から見えてくること-近代"アイデンティティ・国家"と学問(沖縄から何が見えるか
  • 沖縄をめぐる/に発する「文化」の状況
  • 沖縄がはらむ民衆思想-ピープルネス・サブシステンス・スピリチュアリティ
  • 沖縄のアイデンティティを語ること、そして語りなおすこと-「沖縄研究」の現在について)
  • 第2部 海からの視点-島嶼社会におけるヒト・モノ・ネットワーク(琉球・沖縄史をはかるモノサシ-陸の農業と海の交易
  • 漁撈・海運・商活動-海面利用をめぐる海人と陸人の琉球史
  • 海面利用と漁業権
  • 村落基盤の資源管理-村の自立にむけて)
  • 第3部 学問における実践とは-ローカリティ・当事者性の視点から(民際学における当事者性-仲間、出戻り、そしてよそ者
  • 学問の実践と神の土地
  • 社会人類学徒としての実践-琉球列島からの視点)
  • 第4部 記憶すること・記録すること-語られなかったことのリアリティ(記憶を掘りおこす旅-個人史を越えた基層文化へ
  • 記録すること記憶すること-沖縄戦の記憶をめぐって
  • 語るという行為の表と蔭
  • 記憶/記録のゆくえ-想起と抗争そして「問いかけ」をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域の自立シマの力
著作者等 家中 茂
新崎 盛暉
比嘉 政夫
書名ヨミ チイキ ノ ジリツ シマ ノ チカラ
書名別名 沖縄から何を見るか沖縄に何を見るか

Chiiki no jiritsu shima no chikara
シリーズ名 沖縄大学地域研究所叢書 7
巻冊次
出版元 コモンズ
刊行年月 2006.10
ページ数 408p
大きさ 22cm
ISBN 4861870259
NCID BA79399880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21124895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想