近代芸術家の表象 : マネ、ファンタン=ラトゥールと1860年代のフランス絵画

三浦篤 著

本研究は、西洋近代美術史の原点とも言うべき第二帝政期のフランス絵画を、従来とは異なる視角から解明しようと意図している。それが「芸術家像」というテーマにほかならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 芸術家集団(オマージュとマニフェスト
  • ファンタン=ラトゥールの「ドラクロワへのオマージュ」(一八六四年)-「ポスト・レアリスト」の集団肖像画 ほか)
  • 第2部 芸術家生活(ボヘミアン芸術家について
  • ルノワールの「アントニー小母さんの酒場」(一八六六年)田園のボヘミアン生活 ほか)
  • 第3部 肖像画(ルーヴル美術館と画家たちの交友
  • 自画像と友人の肖像 ほか)
  • 第4部 アトリエ(制作と交友の場
  • バジールの「ラ・コンダミンヌ通りのアトリエ」(一八七〇年)-アトリエの親密さと仲間たちの集い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代芸術家の表象 : マネ、ファンタン=ラトゥールと1860年代のフランス絵画
著作者等 三浦 篤
書名ヨミ キンダイ ゲイジュツカ ノ ヒョウショウ : マネ ファンタン = ラトゥール ト 1860ネンダイ ノ フランス カイガ
書名別名 Kindai geijutsuka no hyosho
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2006.9
ページ数 445, 55p
大きさ 22cm
ISBN 4130802070
NCID BA78521082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21126829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想