アーノンクールとコンツェントゥス・ムジクス

モーニカ・メルトル, ミラン・トゥルコヴィッチ 著 ; 臼井伸二, 蔵原順子, 石川桂子 訳

1953年、チェロ奏者ニコラウス・アーノンクールが、ヴァイオリン奏者の妻アリスと、関心を示す数人の仲間とともに、実験を始めたとき、「古楽」は未知の領域だった。彼らには、成功する確信などなかった。飽くことのない好奇心と、計り知れない勤勉さ、そして尽きることのない献身的姿勢だけがあった。楽団メンバーのひとりと気鋭のジャーナリストが描く世界一の古楽オーケストラ50年の苦難と栄光の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出会い
  • 微笑みと賛嘆と
  • 確かなデビュー
  • 「民主的独裁主義とハーモニー」あるべテランの思い出
  • フルートがフルート奏者を探す
  • ニコラウス・アーノンクール熱狂的な収集家の回想
  • 「…成功しそうにない実績…」
  • 「結果がすべて!」コンサートマスターのエーリヒ・ヘーバルトへのトゥルコヴィッチのインタビュー
  • ラジオ・プレーメンなしには…
  • ビニール製の逸品
  • 「古楽」-新たな発見
  • 仲間になって-適合して
  • 古楽器演奏の使徒、旅に出る
  • 世界一風変わりなウィーン人たち
  • 普通の意味でのレパートリーではなく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アーノンクールとコンツェントゥス・ムジクス
著作者等 Mertl, Monika
Turković, Milan
石川 桂子
臼井 伸二
蔵原 順子
Turkovi'c Milan
トゥルコヴィッチ ミラン
メルトル モーニカ
書名ヨミ アーノンクール ト コンツェントゥス ムジクス : セカイイチ フウガワリナ ウィーンジンタチ
書名別名 Die seltsamsten Wiener der Welt

世界一風変わりなウィーン人たち

Anonkuru to kontsuentusu mujikusu
出版元 アルファベータ
刊行年月 2006.10
ページ数 281, 13p 図版40p
大きさ 20cm
付随資料 CD1枚 (12cm)
ISBN 4871985431
NCID BA79080211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21123183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想