巫女の民俗学

川村邦光 著

口寄せを通して死者と生者の「いのち」を結ぶ盲目の巫女オガミサマ。民俗社会で形成された巫女の習俗=民間信仰が近代の歴史的文脈のなかで変容していく過程をたどり、巫女の個人史もつむぎながら、その社会的・文化的な意味を解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 巫女の現在
  • 2 近代日本における巫女
  • 3 盲人結社とネットワーク
  • 4 巫女のライフヒストリー
  • 5 盲目をめぐるイデオロギー
  • 6 巫女への水路
  • 7 カミツケ儀礼の戦略
  • 8 死者/巫女の語り-口寄せの時空間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巫女の民俗学
著作者等 川村 邦光
書名ヨミ ミコ ノ ミンゾクガク : オンナ ノ チカラ ノ キンダイ
書名別名 〈女の力〉の近代

Miko no minzokugaku
シリーズ名 復刊選書 10
出版元 青弓社
刊行年月 2006.10
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4787232657
NCID BA79262649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21123195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想