統合学入門 : 蛸壺型組織からの脱却 : 複雑な問題を解く仕組みをつくれ

仲勇治 編著

「局所的な解」「取りあえずの解」では、広範な要求や安全・環境問題に対応できない。工学分野を統合する技術情報基盤の構築・利用が必須。複雑な問題を解く仕組みをつくれ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 統合学とは
  • 基礎編(生産技術、環境、安全…何が問題か
  • 異質な意見の重要性
  • 戦略的エンジニアリングを進めるために
  • 統合化とエンジニアリングアクティビティモデル
  • 技術情報基盤の構築に向けて)
  • 応用編(統合化問題としての循環型社会構築
  • 化学プロセス産業における統合化アプローチ
  • 統合学から見たサプライチェーンマネジメントとアウトソーシング)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統合学入門 : 蛸壺型組織からの脱却 : 複雑な問題を解く仕組みをつくれ
著作者等 仲 勇治
書名ヨミ トウゴウガク ニュウモン : タコツボガタ ソシキ カラノ ダッキャク : フクザツナ モンダイ オ トク シクミ オ ツクレ
書名別名 Togogaku nyumon
出版元 工業調査会
刊行年月 2006.9
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 476936170X
NCID BA78576878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21221572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想