幻視する近代空間

川村邦光 著

近代化の波のなか、民俗社会の危機的な状況に浮上したさまざまな事件-血税一揆、トラホーム、狐憑き、座敷牢などを軸として、変容する民衆の心性・コスモロジーと、それが国家による「死の共同体」へと統合されていく過程を透視する転換期の精神史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 "迷信"と感情教育(「血税一揆」の民俗的心性
  • トラホームと感情教育)
  • 2 狐憑きから「脳病」「神経病」へ(狐憑きの民俗
  • 精神医学の狐憑きへの視線
  • 「脳病」「神経病」のイデオロギー)
  • 3 座敷牢と幻視する霊魂(座敷牢の生産
  • 狐憑きから妄想へ
  • 出口なおの近代/日常性批判)
  • 4 近代日本と霊魂の行方(位牌の漂泊
  • 霊魂の近代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻視する近代空間
著作者等 川村 邦光
書名ヨミ ゲンシスル キンダイ クウカン : メイシン ビョウキ ザシキロウ アルイワ レキシ ノ キオク
書名別名 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶

Genshisuru kindai kukan
シリーズ名 復刊選書 8
出版元 青弓社
刊行年月 2006.10
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4787232649
NCID BA78688918
BN04608095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21117299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想