The submarine in war : a study of relevant rules and problems

by K. Mori

[目次]

  • CONTENTS
  • INTRODUCTION / 1
  • PART I THE SUBJECT:ITS ORIENTATION
  • I. THE FIRST PHASE / 5
  • II. THE SECOND PHASE / 21
  • III. THE THIRD PHASE / 39
  • IV. THE FOURTH PHASE / 58
  • PART II THE CONTROVERSY
  • V. ITS IMPLICATIONS / 69
  • VI. GREAT BRITAIN V.GERMANY / 76
  • VII. THE UNITED STATES V.GERMANY / 93
  • PART III THE PROVISIONS OF WASHINGTON
  • VIII. GENERAL REMARKS / 112
  • IX. ARTICLES I ANDII / 119
  • X. ARTICLE III / 131
  • XI. ARTICLE IV / 138
  • PART IV MISCELLANEOUS
  • XII. SUBMARINES IN NEUTRAL WATERS / 149
  • XIII. THE"MERCHANT"SUBMARINE / 157
  • XIV. THE PROPOSED ASYLUM FOR PRIZES / 164
  • CONCLUSION / 171
  • INDEX / 179

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 The submarine in war : a study of relevant rules and problems
著作者等 森 権吉
by K. Mori
出版元 Mauzen
刊行年月 1931
ページ数 185p
大きさ 23cm
全国書誌番号
22056842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想