ブランドの条件

山田登世子 著

その名がつくと、ただのバッグの値がたちまちはねあがる。ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル-オーラを授ける「名前」の魔力。このマジカル・ワールドの謎を解く鍵は、メゾン「誕生」のシーンにあった!贅沢を売りたい人、買いたい人、どちらも必読。「ラグジュアリー」の本質に迫る、ブランド文化論の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ブランドの誕生-ルイ・ヴィトンはいかにしてルイ・ヴィトンになったのか(ブランドとモードは両立しない?
  • 起源のオーラ-はじめに皇室があった ほか)
  • 2章 希少性の神話-エルメスの戦略(馬車vs.自動車-エルメスがフォードに勝つ
  • 「売らないこと」を売る ほか)
  • 3章 貴族のいない国のブランド-シャネルとマス・マーケット(貴族にブランドは存在しない
  • シャネルという名のフォード ほか)
  • 4章 ブランドは女のものか-贅沢文明史にむけて(贅沢は男のものだった
  • 女性専科の時代へ ほか)
  • 終章 「変わること」と「変わらないこと」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブランドの条件
著作者等 山田 登世子
書名ヨミ ブランド ノ ジョウケン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.9
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4004310342
NCID BA78369363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21115893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想