金子光晴全集  第5巻

金子光晴著

[目次]

  • 金子光晴全集 第五巻
  • 目次
  • I
  • マレー蘭印紀行
  • センブロン河
  • センブロン河 / 11
  • ねこどりの眼 / 17
  • 雷気 / 24
  • 夜 / 31
  • 開墾 / 37
  • バトパハ
  • 貨幣と時計 / 48
  • カユ・アピアピ / 53
  • 霧のブアサ / 64
  • 鳶と烏 / 70
  • 虹 / 76
  • ペンゲラン / 81
  • 鉄(スリメダン) / 95
  • コーランプルの一夜 / 110
  • 新嘉披
  • タンジヨン・カトン / 119
  • 新世界 / 124
  • 爪哇
  • 爪哇へ / 128
  • 蝙蝠 / 135
  • 珊瑚島 / 142
  • スマトラ島 / 147
  • II
  • 芸術について
  • 一つの歴史 / 169
  • リアルの問題 / 176
  • あるリアル / 183
  • 私小説 / 189
  • 芸術について / 196
  • 永遠の革命 / 201
  • 財宝 / 204
  • 巫呪の話 / 210
  • 佐藤惣之助論 / 215
  • ある序曲 / 222
  • III
  • 詩人
  • 第一部 洞窟に生み落されて / 245
  • 洞窟に生み落されて / 247
  • 第一の「血のさわぎ」 / 258
  • 日本の脂と西洋の香気 / 267
  • 漢学から文学へ / 274
  • もう一つの導火線 / 282
  • ドリアン・グレイとサーニン / 291
  • 「明治」という荒地の中で / 298
  • 第二部 「水の流浪」の終り
  • デモクラシイ思想の洗礼 / 307
  • 最初の洋行 / 316
  • 処女詩集の頃 / 331
  • 大正期の詩人たち / 339
  • 「水の流浪」の終り / 356
  • 第三部 棲みどころのない酋長国
  • 日本を追われて / 372
  • ふたたびパリで / 390
  • 戦争のとどろき / 399
  • 棲みどころのない酋長国 / 410
  • 子供への召集令状 / 424
  • 第四部 解体と空白の時代-戦後
  • 新しい解体と空白 / 432
  • 寂しさ / 441
  • 再びふりだしからの出発 / 449
  • あとがき
  • IV
  • 新憲法二十年を祝って / 459
  • 日本人の悲劇
  • 序詩
  • 1 日本人とは
  • 一 ロンドンの霧 / 468
  • 二 日本人とは / 477
  • 三 危険な日本人 / 485
  • 2 鎖国がつくった日本人
  • 一 草仮名の時代 / 497
  • 二 二つの戦国 / 513
  • 三 町人と武士 / 542
  • 四 扉は開く / 576
  • 3 ふたたび日本人とは
  • 一 混同論 / 623
  • 二 日本の歌 / 639
  • あとがき
  • 解説・中島可一郎 / 645

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金子光晴全集
著作者等 金子 光晴
書名ヨミ カネコ ミツハル ゼンシュウ
巻冊次 第5巻
出版元 昭森社
刊行年月 1971
ページ数 660p 肖像
大きさ 19cm
NCID BN0770500X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75011217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想