地域研究の課題と方法  理論編

北川隆吉 監修 ; 山口博一, 小倉充夫, 田巻松雄 編著

本編は、グローバリゼーション下の各地域の変容を整理しつつ、「地域社会の変容をどのように捉えるか」について検討を加え、今後の地域研究(論)を展望することを目的にして編集された。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「アジア」概念の歴史的成立と変容-近現代日本のアジア認識(日本とアジア
  • 植民地インドの世界認識-ガンディーの場合 ほか)
  • 第2章 文献解題と基本的視座の提起(地域研究に関する文献解題
  • 地域研究と隣接する関連分野の文献解題 ほか)
  • 第3章 アジア・アフリカ地域の特徴と問題性(東アジアの特徴と問題性
  • 東南アジア-地域研究、地域概念、研究方法論 ほか)
  • 第4章 アジア・アフリカ社会理論の系譜(グローバル化の中での都市と農村-開発と市民社会化、文化変容との交差
  • 民主化と「市民社会」(civil society) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域研究の課題と方法
著作者等 佐々木 衛
北原 淳
北川 隆吉
小倉 充夫
山口 博一
田巻 松雄
高田 洋子
竹内 隆夫
書名ヨミ チイキ ケンキュウ ノ カダイ ト ホウホウ : アジア アフリカ シャカイ ケンキュウ ニュウモン
書名別名 アジア・アフリカ社会研究入門
巻冊次 理論編
出版元 文化書房博文社
刊行年月 2006.9
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 483011083X
NCID BA78835353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21111370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想