ポスト植民地主義の思想

G.C.スピヴァック 著 ; S.ハレイシム 編 ; 清水和子, 崎谷若菜 訳

インド生まれの脱構築派マルクス主義フェミニストが、新植民地主義システムにおける女性やアジア、アフリカの多様な位置を示し、ヨーロッパのポスト構造主義理論を逆撫でする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 批評、フェミニズム、そして制度
  • ポスト・モダン状況-政治の終焉?
  • 戦略、自己同一性、書くこと
  • 文化的自己表現/代表の問題
  • マルチ文化主義の諸問題
  • 植民地以後の批評家
  • カルカッタからの消印-インド
  • オープン・エンドの実践政治
  • 『政治介入』のためのインタヴュー
  • 『ラディカル・フィロソフィー』とのインタヴュー
  • 暴力の構造と駆け引きする
  • 新歴史主義-政治的コミットメントとポスト・モダンの批評家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト植民地主義の思想
著作者等 Harasym, Sarah
Spivak, Gayatri Chakravorty
崎谷 若菜
清水 和子
スピヴァック ガヤトリ・C.
書名ヨミ ポスト ショクミンチ シュギ ノ シソウ
書名別名 The post-colonial critic

Posuto shokuminchi shugi no shiso
出版元 彩流社
刊行年月 2005.10
版表示 オンデマンド版
ページ数 310p
大きさ 19cm
ISBN 4779190002
NCID BA75082984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21114128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想