地方選挙ハンドブック

日本社会党選挙対策委員会 編著

附・社会党地方議員の活動記録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 第1章 立候補から当選まで / 1
  • 〝党が闘う〟選挙 / 1
  • 住民自治の認識を高める / 2
  • 告示まで具体的な活動 / 3
  • 選対機構の確立
  • 綿密な情勢分析
  • 名簿の作成を慎重に通勤者対策も重要
  • 〝地域〟を考慮した政策
  • 労組員と共に闘う姿勢を
  • 推薦労組の地域別組織化
  • 労組選対の仕事
  • 未組織労働者の対策
  • 地域対策を怠りなく
  • 宣伝活動のやり方
  • 合法的な〝個々面接〟を
  • 後援会組織について
  • 期間中の活動と準備 / 15
  • 宣伝効果に留意
  • 運動員の心構え
  • 日程表を関係者に配布
  • 事務所員の分担
  • ポスターの貼布
  • 演説にはこんな工夫を
  • 勝負決する終盤戦
  • 選挙の後始末も大切
  • 第2章 地方議員の任務と行動 / 20
  • 自治体闘争の正しい位置づけ / 20
  • 最もすぐれた党員であること / 21
  • 党機関に密着せよ / 22
  • 地方議員候補の選定
  • 地方議員の活動
  • 議員活動の検討
  • 議員と党の間
  • 議会内外の闘いをとおして / 24
  • あくまで住民の代弁者として
  • 共闘となれ合いとは無縁
  • 内部矛盾は組織内で解決
  • 積極的に自治体資料を公開
  • 予算の浪費節減闘争も
  • 議員・党員が先頭にたつ世話役活動
  • 第3章 地方議員の活動記録 / 27
  • 革新市政のもとで / 27
  • 長野市の概要
  • 仏都に民主主義の旗あがる
  • 鉄筋か木造かで大もめ
  • 裾花中学建設騒動・もう一ゆれ
  • 農民を友に、農協再建運動勤労者協議会で地域民主化
  • 子どもを守る運動 / 36
  • 下水の問題からはじめて
  • 勤評に反対し、学テを中止
  • 肢体不自由児に灯ともす運動
  • ひふみ学園問題のてんまつ
  • すべての子らに明るい灯を
  • 公安条例を撒廃させる / 44
  • 倉敷市の概要
  • 憲法違反の公安条例
  • 市長交渉を軸に、ついに勝利
  • 市民の要求を予算要求へ
  • 政府にむかってものをいうこと
  • 女工さんを組織しようとしたら
  • 中小企業のための活動 / 53
  • 三島市の概要
  • 市議会選挙は二勝二敗
  • 街工場、商店の手足となって
  • 中小企業問題と社会党
  • 社党議員としての記録
  • 〝社党市長〟への過渡期の議会
  • 資料 第五回地方選挙対策方針・第二十二回定期全国大会決定 / 64
  • 地方選挙の意義 / 64
  • 高度経済成長政策と地方自治体
  • 地方自治体の危機
  • 地方自治は生活と民主主義のとりで
  • 地方選挙闘争 / 68
  • 地方自治体におけるわが党の現勢力
  • われわれの目標と具体的な闘い

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地方選挙ハンドブック
著作者等 日本社会党
日本社会党選挙対策委員会
書名ヨミ チホウ センキョ ハンドブック
書名別名 Chiho senkyo handobukku
出版元 日本社会党機関紙局
刊行年月 1963.1
版表示 2版
ページ数 71p
大きさ 19cm
NCID BA69076921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21199743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想