歴史物語朝鮮半島

姜在彦 著

3つの建国神話から、古朝鮮の形成、新羅の国土統一、高麗王朝の中央集権的支配、モンゴル帝国の南進、豊臣秀吉の侵略、中国冊封下で爛熟する両班(ヤンバン)支配、開国のウェスタン・インパクト、日韓併合と抵抗まで。周辺の動乱に巻き込まれながらも、ハングルなど独自の文化を保持してきた国。ユーラシア大陸の東端に突き出たこの地に、いかにして歴史が編まれたのか。2000年におよぶ歴史をひもとき、王朝交替のドラマや支配制度の理念、それがやがてはらむ矛盾を見る。地続きに接する中国の影響と圧力をどのように受け止め、海を隔てた日本とはどんな交流と争いがあったのか。半島の朝鮮と島国日本、アジアの二国の違いも見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 半島的風土
  • 第1章 朝鮮半島の古代
  • 第2章 三国時代-高句麗・百済・新羅
  • 第3章 統一新羅
  • 第4章 高麗時代
  • 第5章 朝鮮時代前期
  • 第6章 朝鮮時代後期
  • 第7章 朝鮮の近代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史物語朝鮮半島
著作者等 姜 在彦
書名ヨミ レキシ モノガタリ チョウセン ハントウ
書名別名 Rekishi monogatari chosen hanto
シリーズ名 朝日選書 806
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2006.9
ページ数 277, 17p
大きさ 19cm
ISBN 4022599065
NCID BA78229353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21105222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想