群論

寺田至, 原田耕一郎 著

群は可逆な数学的操作をいくつも集めて考察しようとするとき自然に生ずる構造であり、数学のあらゆる分野に現れて用いられるとともに、物理や化学などにも応用されている。群の構造に関する基本的な知識に加え、群を生き生きと活動させる群の作用と表現について、例を通して実感を培いながら学ぶのが第3章までの目標である。最終章では、有限単純群の分類およびその過程で発見されたMonsterと呼ばれる群とmoonshineという興味深い現象を紹介する。岩波講座『現代数学の基礎』からの単行本化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 群論入門(行列群と置換群
  • 群と群の作用 ほか)
  • 第2章 有限群の表現(群の表現
  • 既約分解 ほか)
  • 第3章 対称群の表現(Specht加群
  • (Jucys‐)Murphy作用素 ほか)
  • 第4章 有限単純群の分類/Monsterとmoonshine(有限単純群の発見と分類
  • Monsterの出現 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群論
著作者等 原田 耕一郎
寺田 至
書名ヨミ グンロン
書名別名 Gunron
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.8
ページ数 293p
大きさ 22cm
ISBN 4000052691
NCID BA78232664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21102319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想