国家論のクリティーク

イェンス・バーテルソン 著 ; 小田川大典, 青木裕子, 乙部延剛, 金山準, 五野井郁夫 訳

現在、国家の退場が語られる一方で、私たちは「退場後」の政治秩序を明確には想像することができない。国家という概念と、それが過去一世紀に被った変化の検討を通して、これまでの国家をめぐる思考の陥穽を明らかにし、国家とその権威とを従来の政治的批判の呪縛から解き放つ。政治的なものに関する問いを再政治化する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 批判の精神(国家概念の分析
  • 政治的概念の分析 ほか)
  • 第2章 生きている博物館の荷解き(国家とその二重性
  • 国家と学問的同一性の探究 ほか)
  • 第3章 国家概念の放逐(一元論の再構成
  • 一元論批判の展開 ほか)
  • 第4章 国家概念の再利用(多元主義の再構築
  • 多元主義への反論 ほか)
  • 第5章 国家概念の解消(近代性の再構築
  • 国家の脱自然化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家論のクリティーク
著作者等 Bartelson, Jens
乙部 延剛
五野井 郁夫
小田川 大典
金山 準
青木 裕子
バーテルソン イェンス
書名ヨミ コッカロン ノ クリティーク
書名別名 The critique of the State

Kokkaron no kuritiku
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.8
ページ数 332, 29p
大きさ 20cm
ISBN 4000228668
NCID BA78093794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21105204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想