平安貴族のシルクロード

山口博 著

平安時代の王朝貴族は、中国の歴史書から、舞楽から、見たこともないシルクロードを想像し憧れていた。『竹取物語』でかぐや姫が五人の求婚者に求めたものは、すべてシルクロードの産物であった。琴の秘曲伝授を中心に描かれる『宇津保物語』は、ペルシアへの漂着、生命の木など、オリエンタルな話題が満載された、アラビアン・ナイトのような物語であった。日本古来の文化によって成り立っていると思われがちな王朝物語を、世界史的観点で捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 平安のシルクロードへ
  • 1 シルクロードの秘宝に憑かれた男たちの話-『竹取物語』の男たち(ペルシアにある仏鉢に憑かれた男の巻
  • エリュトゥラー海彼方の島にある珠の枝に憑かれた男の巻
  • ローマ帝国産アスベスト製衣に憑かれた男の巻
  • 西アジアの竜の首の珠に憑かれた男の巻 ほか)
  • 2 シルクロードに彩られた王朝貴族の話-『宇津保物語』の清原俊蔭一門(宝蔵の巻
  • 俊蔭波斯国漂着の巻
  • ペガサスの巻
  • 樹下楽人の巻 ほか)
  • エピローグ シルクロード古譚の東進

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安貴族のシルクロード
著作者等 山口 博
書名ヨミ ヘイアン キゾク ノ シルクロード
書名別名 Heian kizoku no shirukurodo
シリーズ名 宇津保物語 397
竹取物語 397
角川選書 397
出版元 角川学芸 : 角川書店
刊行年月 2006.8
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 4047033979
NCID BA78187060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21104880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想