アニメーション日中交流記 : 持永只仁自伝

持永只仁 著

中国にアニメーションの礎を築いた日本人がいた-。戦時下の日本で過酷な条件の下、漫画映画を製作、日中戦争後の中国東北地方で美術片製作の基礎を築き、帰国後は人形アニメーションの分野を開拓。日本と中国で、アニメーション発展に寄与し、多くの後進を育成した作家・持永只仁がその生涯を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 おいたち
  • 第2章 アニメーションの世界へ
  • 第3章 満映へ、そして終戦
  • 第4章 中国アニメーションの息吹き
  • 第5章 帰国
  • 第6章 新時代の中国アニメーション育成のために
  • 持永只仁先生の思い出(川本喜八郎)
  • 人形アニメの恩人-日本アニメ史の中で(おかだえみこ)
  • 忘れがたい方明同志(盛特偉・張松林)
  • 「東北電影製片廠」最初の日-持永只仁先生を忍ぶ(段孝萱)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アニメーション日中交流記 : 持永只仁自伝
著作者等 持永 只仁
書名ヨミ アニメーション ニッチュウ コウリュウキ : モチナガ タダヒト ジデン
書名別名 Animeshon nicchu koryuki
出版元 東方書店
刊行年月 2006.8
版表示 初版
ページ数 364p
大きさ 20cm
ISBN 4497206068
NCID BA78351084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21103941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想