聴衆をつくる : 音楽批評の解体文法

増田聡 著

いま音楽を語るとき、何を前提とすべきなのか?テクノロジーの土台の変化によって、「音楽」そのものが動揺しつつある現状を思考すること、音楽に絡みつく「日本」の現在に介入すること、既存の音楽言説が自明とする諸概念を疑うこと。音楽批評言語の組み替えを通じ、新たな「聴衆」をつくる野心的思索=投機。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 聴衆の生産-「聴くこと」の文化研究
  • 第2章 ジャンルの牢獄
  • 第3章 形式美学の限界-小泉文夫の歌謡曲論について
  • 第4章 誰が誰に語るのか-Jポップの言語行為論・試論
  • 第5章 日本語ロック論争の問題系-はっぴいえんど史観を留保する
  • 第6章 記号としての「ニッポン」-軽やかに歌われる君が代ポップ
  • 第7章 音楽を「所有」すること-「大地讃頌」事件と著作権制度
  • 第8章 複製技術の時代の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聴衆をつくる : 音楽批評の解体文法
著作者等 増田 聡
書名ヨミ チョウシュウ オ ツクル : オンガク ヒヒョウ ノ カイタイ ブンポウ
書名別名 Choshu o tsukuru
出版元 青土社
刊行年月 2006.8
ページ数 214, 12p
大きさ 20cm
ISBN 4791762835
NCID BA77929054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21195327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想