万葉集新論  続

市村宏 著

[目次]

  • 綜合研究
  • 瑪瑙と翡翠-出雲と越- / 6
  • 万葉翡翠 / 24
  • 古代文学に現れた「血」の意識 / 29
  • 日本文学史を溯上させ得るか / 42
  • 織女と夕鶴 / 50
  • 万葉叙事 / 64
  • 霊異記の狐 / 70
  • 霊異記第一話考 / 85
  • 安里屋ユンタと万葉古事記 / 92
  • 万葉の小説 / 101
  • 覇旅発思 / 106
  • 防人と防人歌 / 110
  • 来葉 / 118
  • 老荘と万葉集 / 121
  • 万葉集と風雅 / 127
  • 万葉集の譬喩歌 / 131
  • 万葉三題噺 / 135
  • 万葉集と題詠 / 140
  • 橘邸の歌宴 / 144
  • 公卿と万葉 / 149
  • 謡曲「高砂」と万葉集 / 155
  • 万葉と芭蕉 / 160
  • 万葉調と古今調 / 165
  • 頼朝と実朝-万葉集の伝統- / 169
  • 多摩と万葉 / 175
  • 万葉語と現代短歌 / 183
  • 鴫立つ沢 / 188
  • 作家研究
  • 人麿伝一つ / 194
  • 人麿伝説あれこれ / 199
  • 額田王の父・姉・弟-威名真人大村墓志をめぐって- / 204
  • 大伴旅人の生き方 / 221
  • 大伴旅人の晩年 / 235
  • 大伴淡等と謹状 / 239
  • 山上憶良-人と思想- / 245
  • 第七次遣唐船の航路-山上憶良研究ノートより- / 257
  • 吉田宜考 / 268
  • 石川年足考 / 279
  • 秦忌寸朝元考 / 290
  • 四二四五番歌作者考 / 298
  • 越中の家持 / 305
  • 家持の無常まで / 314
  • 堅香子を歌った人 / 320
  • 大伴家持の母 / 325
  • ひとりっ子市原王 / 331
  • 天の火-宅守と茅上娘子- / 336
  • 作品研究
  • 人麿秀歌三首 / 344
  • 醸成考 / 348
  • 悦酒滲-酒に滲みなむ- / 353
  • 住吉の浜の小松 / 357
  • 来む世 / 361
  • 生卵考 / 366
  • 末珠名の歌 / 370
  • 十字の歌 / 374
  • 朮が花の時なきものを / 378
  • 続葛飾早稲 / 382
  • 東歌田の歌 / 386
  • 学説区々-「杉の木の間」と「かとりをとめ」- / 391
  • 千曲の川の細石 / 395

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 万葉集新論
著作者等 市村 宏
書名ヨミ マンヨウシュウ シンロン
巻冊次
出版元 桜楓社
刊行年月 1972
ページ数 404p
大きさ 22cm
ISBN 4273010216
NCID BN05542833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75002487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想