戦後教育を歪めたGHQ主導の教育基本法 : 国会議論の焦点「国を愛する心」「宗教的情操」「教育に対する国の責任」を問う

椛島有三, 江崎道朗 著

[目次]

  • 第1章 教育基本法「自主制定論」の虚妄-いまなお文部科学省を呪縛する米国教育使節団『報告書』(教育基本法は日本人が自主的に制定したのか
  • 四大指令によって解体された日本の教育
  • GHQの間接支配の象徴「舵取り委員会」
  • コントロールされていた教育刷新委員会
  • 「愛国心」を否定してきた「個人の尊厳」規定 ほか)
  • 第2章 教育基本法の理念はGHQの密室介入の産物だった-「愛国心なき個性尊重」も「両性の特性に配慮しない男女共学」も「不当な支配」もGHQによって押し付けられたものだった(国家の独立が問われている
  • 自主的な教育改革を否定したGHQ
  • リモート・コントロール
  • 第一の介入-「愛国心」の排除
  • 「不当な支配」もCIEが強制 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後教育を歪めたGHQ主導の教育基本法 : 国会議論の焦点「国を愛する心」「宗教的情操」「教育に対する国の責任」を問う
著作者等 椛島 有三
江崎 道朗
書名ヨミ センゴ キョウイク オ ユガメタ GHQ シュドウ ノ キョウイク キホンホウ : コッカイ ギロン ノ ショウテン クニ オ アイスル ココロ シュウキョウテキ ジョウソウ キョウイク ニ タイスル クニ ノ セキニン オ トウ
書名別名 Sengo kyoiku o yugameta GHQ shudo no kyoiku kihonho
シリーズ名 教育基本法
出版元 明成社
刊行年月 2006.8
ページ数 47p
大きさ 21cm
ISBN 494421944X
NCID BA79323142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21096809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想