古代仏教をよみなおす

吉田一彦 著

仏教の伝来は、日本の国家形成や文化にいかなる影響を与えたのか。天皇号と日本国の誕生、聖徳太子の実像、行基の活動、女性の仏教信仰の実態などの重要テーマを軸として古代仏教史像の再構築を試みる格好の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代仏教史をどうとらえるか(古代仏教史再考-総論
  • 天皇制度の成立と日本国の誕生)
  • 2 古代仏教の実像を求めて(近代歴史学と聖徳太子研究
  • 『日本書紀』と道慈
  • 行基と霊異神験
  • 東アジアの中の神仏習合)
  • 3 古代の女性と仏教(女性と仏教をめぐる諸問題
  • 『日本霊異記』の中の女性と仏教)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代仏教をよみなおす
著作者等 吉田 一彦
書名ヨミ コダイ ブッキョウ オ ヨミナオス
書名別名 Kodai bukkyo o yominaosu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.9
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 4642079610
NCID BA78201616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21096962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想