正宗白鳥論

兵藤正之助 著

[目次]

  • 目次
  • I 白鳥文学の問題点 / 1
  • II 生涯と文学 / 17
  • 作家白鳥の誕生-明治期(1) / 18
  • 読売新聞記者-明治期(2) / 47
  • 永井荷風と「老女の粉粧」論争-大正期(1) / 76
  • 技巧・「芸術的燃焼」-大正期(2) / 96
  • 「地獄を覗かせてゐる」-昭和前期 / 121
  • 死の意識の変化-昭和後期・戦後(1) / 152
  • 「日本脱出」-昭和後期・戦後(2) / 182
  • III 死とニヒリズム・キリスト教 / 211
  • 「信仰復帰」をめぐって / 212
  • 白鳥のニヒリズム / 247
  • その自然主義と西欧文学の投影 / 282
  • 年譜 / 301
  • 参考文献 / 338
  • あとがき / 348

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 正宗白鳥論
著作者等 兵藤 正之助
書名ヨミ マサムネ ハクチョウ ロン
出版元 勁草書房
刊行年月 1968
ページ数 351p 図版
大きさ 20cm
NCID BN04631075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68010579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想