大学で学ぶ西洋史  古代・中世

服部良久, 南川高志, 山辺規子 編著

西洋の社会や文化は、21世紀の今日においても、古代ギリシアに始まる長い西洋史の歩みを踏まえねば理解できない。本書は、21世紀の世界を担う若者が西洋世界を深く理解するために、必要な西洋古代史と中世史に関する知識を提供する大学教育に最適な歴史教材である。日本の西洋史学界の中核を担う世代の執筆陣が、最新の研究成果を踏まえて西洋の古代と中世の歴史を平易に解説する。また、授業の教材として用いる教員や学生が討論のためのトピックとして、そして西洋史を専門的に学ぶ人のために専門研究への導入として役立つ「歴史への扉」のコラムも設けられている。西洋古代史と中世史の研究の歩みと意義を記した「総説」や豊かな「参考文献」も備え、西洋史教科書として望みうる最高の機能を有した一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古代(西洋古代史研究の伝統と将来
  • 古代ギリシア
  • ローマ帝国)
  • 第2部 中世(中世ヨーロッパ史から学ぶもの
  • ヨーロッパ中世社会の成立
  • ヨーロッパ中世社会の発展
  • ヨーロッパ中世社会の変貌)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学で学ぶ西洋史
著作者等 南川 高志
山辺 規子
服部 良久
書名ヨミ ダイガク デ マナブ セイヨウシ
書名別名 Daigaku de manabu seiyoshi
巻冊次 古代・中世
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.8
ページ数 359p
大きさ 21cm
ISBN 4623045927
NCID BA78094582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21090153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想