事実/価値二分法の崩壊

ヒラリー・パトナム 著 ; 藤田晋吾, 中村正利 訳

大衆文化や哲学思想・社会科学などにおいて歴史的に多様な形で展開され擁護されてきた「事実/価値二分法」に論争を挑むパトナム哲学の批判的考察。「事実確認は客観的でありうるが価値判断は主観的である」という根底的思考を検証し、斬新かつ独創的反論を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 事実/価値二分法の崩壊(経験主義的背景
  • 事実と価値の絡み合い
  • アマルティア・センの世界における事実と価値)
  • 第2部 合理性と価値(センの「命令主義的」出発点
  • 選好の合理性について
  • 価値はつくられるのか発見されるのか
  • 価値と規範
  • 科学哲学者たちの価値からの逃避)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 事実/価値二分法の崩壊
著作者等 Putnam, Hilary
中村 正利
藤田 晋吾
パトナム ヒラリー
書名ヨミ ジジツ カチ ニブンホウ ノ ホウカイ
書名別名 The collapse of the fact/value dichotomy and other essays

Jijitsu kachi nibunho no hokai
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 847
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.7
ページ数 192, 50p
大きさ 20cm
ISBN 4588008471
NCID BA77676447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21132989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想