ドイツ封建社会発達史研究

伊藤栄 著

[目次]

  • 目次
  • 序説 西洋封建制をめぐる諸問題 / p1
  • 第一 九世紀におけるドイツ農村社会の基本構造-定住形態と封建的土地所有についての一考察- / p19
  • 一、問題の所在 / p19
  • 二、村落定住と封建的土地所有の性格 / p23
  • 三、散居定住と封建的土地所有の性格 / p41
  • 四、結語 / p60
  • 第二 パッサウ司教聖堂(バイエルン)所領の研究-ドイツの一宗教領についての史的分析- / p62
  • 一、序言 / p62
  • 二、パッサウ司教聖堂所領に関する史料について / p67
  • 三、所領の成立過程 / p86
  • 四、古典的土地領主制の特質とその変質過程 / p117
  • 五、中世都市ザンクト・ペルテンの成立過程-低地オーストリアにおける農村と都市- / p177
  • 六、結語 パッサウ領邦国家成立への展望 / p240
  • 第三 一三・四世紀に於けるシュタイエルマルクのグルントへルシャフト / p247
  • 一、緒論 / p247
  • 二、封建的土地所有の構造 / p260
  • 三、管理機構について / p312
  • 四、農民の諸負担について / p330
  • 五、結語 / p380
  • 補論 スイス史学界における最近の成果について / p383

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ封建社会発達史研究
著作者等 伊藤 栄
書名ヨミ ドイツ ホウケン シャカイ ハッタツシ ケンキュウ
書名別名 Doitsu hoken shakai hattatsushi kenkyu
出版元 弘文堂
刊行年月 1963
ページ数 400p
大きさ 22cm
NCID BN08509109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63004687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想