岸田国士全集  第8巻 (評論篇 第1)

[目次]

  • 評論篇 (一)
  • 演劇一般講話
  • 演劇一般講話
  • 演劇の藝術的純化 / 12
  • 舞臺表現の進化 / 19
  • 演劇の本質 / 26
  • 近代演劇運動の諸相 / 41
  • 結論-明日の演劇 / 49
  • 演劇の樣式 / 53
  • 演劇の本質
  • 言葉について
  • 未完成な現代劇 / 64
  • 舞臺の言葉 / 65
  • 「語られる言葉」の美 / 71
  • 對話させる術 / 89
  • 雄辯について / 93
  • 戲曲について
  • 戲曲以前のもの / 95
  • 戲曲及び戲曲作家について / 100
  • これからの戲曲 / 105
  • 演劇當面の問題 / 108
  • 戲曲の生命と演劇美 / 115
  • 演劇論の一方向 / 117
  • 演出について
  • 演出について / 126
  • 俳優について
  • 俳優敎育について / 132
  • 俳優養成と人材發見 / 136
  • 俳優の素質 / 137
  • 物言ふ術 / 141
  • 「抽斗にない言葉」 / 144
  • 俳優倫理
  • 一 俳優とは何か / 147
  • 二 俳優の天職 / 156
  • 三 俳優の素質 / 167
  • 四 人及び藝術家としての俳優の理想 / 177
  • 演劇本質論の整理
  • 私の演劇論について / 190
  • 純粹演劇の問題 / 191
  • 演劇本質論の整理 / 200
  • 新劇のために
  • 新劇のために
  • 新劇運動の一考察 / 210
  • 新劇のために / 215
  • 新劇界の分野 / 218
  • 劇的傳統と劇的因襲 / 222
  • 新劇の危機 / 225
  • 劇壇暗黑の辯 / 226
  • 劇道救濟の必要 / 233
  • 新劇と現代劇
  • 新派劇と新派俳優 / 235
  • 歌舞伎劇の將來 / 235
  • 脫退問題是非 / 240
  • 煽動性萬能 / 241
  • 新劇の殼 / 243
  • 新劇復興の兆 / 244
  • 劇壇左右展望 / 249
  • わが演劇文化の水準 / 256
  • 現代大衆劇は斯くして生れる / 259
  • 演劇の大衆性 / 260
  • 通俗性・大衆性・普遍性 / 263
  • 新劇の自活 / 265
  • なんとかせねばならぬ
  • 新劇界の昨今 / 267
  • なんとかせねばならぬ / 269
  • 周圍に聽く / 274
  • 危機を救ふもの / 278
  • 新劇倶樂部創立に際して / 280
  • 共同の目標 / 284
  • 新劇の拓く道 / 285
  • 新劇の始末 / 286
  • 新劇の行くべき途
  • 最近の戲曲について / 292
  • 新劇の行くべき途 / 296
  • 未解決の問題 / 301
  • 劇文學は何處へ行くか / 305
  • 戲曲復興の兆 / 314
  • 雲の會 / 316
  • 現代日本の演劇
  • 現代日本の演劇 / 322
  • 二つの戲曲時代 / 326
  • 對話 / 346
  • 作品年表 / 387

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 岸田国士全集
著作者等 岸田 国士
書名ヨミ キシダ クニオ ゼンシュウ
巻冊次 第8巻 (評論篇 第1)
出版元 新潮社
刊行年月 1955
ページ数 397p 図版
大きさ 20cm
全国書誌番号
57012490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想