社会の見方、測り方 : 計量社会学への招待 : Sociometrics

数理社会学会 監修 ; 与謝野有紀, 栗田宣義, 高田洋, 間淵領吾, 安田雪 編

「世の中のしくみをとらえる」ためのニュータイプの社会学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 データの構造をあきらかにする(データをつくる
  • データの適切さを考える
  • データの分布をしらべる)
  • 2 社会現象の原因と結果をあきらかにする(2つの変数の関連をあきらかにする
  • ある1つの社会現象の原因を調べ予測する
  • 複数の社会現象の因果構造をあきらかにする
  • 社会学的概念を制定し、その社会現象の因果構造をあきらかにする
  • 社会現象の時間的変化の原因を探る)
  • 3 社会構造の様態を記述する(結びつきをとらえる
  • 社会的カテゴリー間の関連のしくみをとらえる
  • 変数や分析対象の類似性を把握する
  • 変数を合成する)
  • 4 もっともふさわしいモデルをえらぶ(モデルの説明力をたかめる)
  • 付録 計量社会学の論文を提出するまえに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会の見方、測り方 : 計量社会学への招待 : Sociometrics
著作者等 与謝野 有紀
安田 雪
数理社会学会
栗田 宣義
間淵 領吾
高田 洋
書名ヨミ シャカイ ノ ミカタ ハカリカタ : ケイリョウ シャカイガク エノ ショウタイ
書名別名 Shakai no mikata hakarikata
出版元 勁草書房
刊行年月 2006.7
ページ数 394p
大きさ 21cm
ISBN 4326601868
NCID BA77852131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21086024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想