市場経済移行期のロシア企業 : ゴルバチョフ、エリツィン、プーチンの時代

加藤志津子 著

社会主義から資本主義へと大きく変貌したロシア。ソ連社会主義とは何だったのか?世界的大富豪を短期間に多数生み出したロシア資本主義とは何なのか?本書はこれらの問題を、ロシア企業の詳細な分析に基づいて検討している。ロシア企業の本質を明らかにすると同時に、ロシア経済社会の将来展望のために興味深い示唆を与えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソ連社会主義企業システムとその改革(ソ連社会主義企業システムの基本的特徴
  • 1930年代型システム ほか)
  • 第2章 ゴルバチョフ時代のソ連企業(ペレストロイカの経済政策と経済崩壊
  • 「加速化」政策と企業 ほか)
  • 第3章 エリツィン時代のロシア企業(急進的市場経済化政策と移行不況
  • 財閥の形成と発展 ほか)
  • 第4章 プーチン政権下のロシア企業(「ノーメンクラツーラ・マフィア資本主義」の企業システムの持続可能性
  • マクロ経済状況の好転 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場経済移行期のロシア企業 : ゴルバチョフ、エリツィン、プーチンの時代
著作者等 加藤 志津子
書名ヨミ シジョウ ケイザイ イコウキ ノ ロシア キギョウ : ゴルバチョフ エリツィン プーチン ノ ジダイ
書名別名 Shijo keizai ikoki no roshia kigyo
シリーズ名 明治大学社会科学研究所叢書
出版元 文眞堂
刊行年月 2006.6
ページ数 316p
大きさ 22cm
ISBN 4830945532
NCID BA77354939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21083133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想