川端康成集 : 片腕

川端康成 著

日本初のノーベル文学賞に輝いた川端康成は、生涯にわたり幽暗妖美な心霊の世界に魅入られた作家であった。一高在学中の処女作「ちよ」から晩年の傑作「片腕」まで、川端美学の背後には、常に怪しの気配がある。心霊学に傾倒した若き日の抒情的佳品や、凄絶な幻視に満ちた掌篇群、戦後の妖気漂う名品まで、川端文学の源泉となった底深い霊異の世界を史上初めて総展望する、至高の恋愛怪談集成。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川端康成集 : 片腕
著作者等 川端 康成
東 雅夫
書名ヨミ カワバタ ヤスナリ シュウ : カタウデ
シリーズ名 文豪怪談傑作選 / 東雅夫 編
ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.7
ページ数 380p
大きさ 15cm
ISBN 4480422412
NCID BA77655006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21066558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
心霊と性愛と 東雅夫
解説 川端 康成
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想