チップス先生さようなら

J.ヒルトン 著 ; 菊池重三郎 訳

霧深い夕暮れ、煖炉の前に座って回想にふけるチップス先生の胸に、ブルックフィールド校での六十余年の楽しい思い出が去来する-。腕白だが礼儀正しい学生たちとの愉快な毎日、美しく聡明だった亡き妻、大戦当時の緊迫した明け暮れ…。厳格な反面、ユーモアに満ちた英国人気質の愛すべき老教師と、イギリスの代表的なパブリック・スクールの生活を描いて絶賛された不朽の名作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チップス先生さようなら
著作者等 Hilton, James
白石 朗
菊池 重三郎
ヒルトン ジェイムズ
J.ヒルトン
書名ヨミ チップス センセイ サヨウナラ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1956
版表示 高校図書館用
ページ数 116p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-10-206203-6
NCID BA30063648
BB05981781
BB2056001X
BN05097129
BN06157474
BN09138192
BN09429071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56012361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想