斎藤茂吉全集  第19巻 (歌論 第6)

[目次]

  • 目次
  • 堀內卓 / 1
  • 民部里靜 / 7
  • 歌壇に與ふる書 / 16
  • 看忙といふ語に就て / 20
  • 短歌の批評雜感 / 25
  • 童馬山房漫話 / 48
  • 歌人としての百穗畫伯 / 60
  • 觀入といふ語に就て / 68
  • 二たび病雁の用例に就て / 74
  • 左千夫のこと其他 / 82
  • 亡友十人傳 / 85
  • ある問答 / 111
  • 和歌の眞髓 / 113
  • 現代歌壇に就て / 137
  • アララギ發刊前後 / 140
  • 小感 / 149
  • 和歌(結論) / 153
  • 新年の和歌 / 158
  • 歌人の癡語 / 162
  • 短歌と古典 / 169
  • 『さびし』の傳統 / 177
  • 白秋君の歌を評す / 196
  • 新萬葉集に就て / 203
  • 新萬葉集選後感 / 214
  • 新萬葉集 / 218
  • 文學直路 / 222
  • 秋草道人の歌一首 / 230
  • 啄木の歌 / 232
  • 羽衣駁擊 / 235
  • 武島羽衣先生の歌評を駁擊す / 235
  • 武島羽衣先生の歌を評す / 278
  • 戰線からの歌 / 304
  • 日本百人一首論 / 306
  • 警戒せよひとり天狗 / 309
  • 歌のこと二三 / 311
  • 篤胤の歌論 / 311
  • 和泉式部の歌 / 314
  • 長塚節の歌 / 317
  • 與謝野夫妻相互讚 / 320
  • 切實の體 / 330
  • メモランダム / 338
  • 俳人と萬葉集 / 346
  • 白秋君の近作 / 354
  • 皮肉的 / 362
  • 愛國歌小觀 / 367
  • 無題 / 378
  • 愛で飽く / 384
  • かむながらなる / 388
  • 愛國百人一首に關聯して / 390
  • 無題 / 394
  • 無題 / 396
  • 在米同胞の歌 / 397
  • 感想 / 400
  • 鷗外先生と和歌 / 402
  • ゲダンケン・リリーク / 409
  • 明治和歌革新者 / 416
  • 農村と短歌 / 423
  • 茂吉獨語抄 / 437
  • 弟子 / 437
  • 㝫應和尙 / 440
  • 歌について偶語 / 444
  • 言葉につき / 447
  • 言葉のこと / 450
  • 自歌抄 / 454
  • 不喚坊氏の語 / 457
  • 左千夫の語 / 461
  • ウインケルマン、其他 / 464
  • 歌集歌書 / 468
  • 歌人 / 470
  • 感心せざる歌五首 / 495
  • 言ひ掛け / 498
  • 自歌一首 / 499
  • 作歌稽古の思ひ出 / 502
  • 「朝の螢」卷末の小記 / 509
  • 「齋藤茂吉集」卷末の記 / 518
  • 自歌自釋五首 / 532
  • 短歌への入門 / 536
  • 冬 / 550
  • 春 / 556
  • 夏 / 563
  • 秋 / 569
  • 後記 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 斎藤茂吉全集
著作者等 斎藤 茂吉
書名ヨミ サイトウ モキチ ゼンシュウ
書名別名 Saito mokichi zenshu
巻冊次 第19巻 (歌論 第6)
出版元 岩波書店
刊行年月 1954
ページ数 574p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
56011475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想