「辺境」の抵抗 : 核廃棄物とアメリカ先住民の社会運動

鎌田遵 著

現代アメリカ社会における「異国」=先住民の土地に、「放射性廃棄物処分場」が?先住民への表象差別の問題も提起しつつ、「聖地・環境保護」「経済開発」でゆれる先住民族の抵抗の論理とその歴史を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 米国の先住民
  • 第2章 アカデミアのなかの先住民
  • 第3章 「核ユートピア」への道
  • 第4章 先住民対先住民
  • 第5章 追いやられる先住民族
  • 第6章 米国の低レベル放射性廃棄物
  • 第7章 核処分場探しの民主主義とその闇
  • 第8章 押しつける側の政策
  • 第9章 辺境からの声
  • 第10章 辺境に生きる
  • 第11章 モハベ族の正義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「辺境」の抵抗 : 核廃棄物とアメリカ先住民の社会運動
著作者等 鎌田 遵
書名ヨミ ヘンキョウ ノ テイコウ : カク ハイキブツ ト アメリカ センジュウミン ノ シャカイ ウンドウ
書名別名 Resistance at the margin

Henkyo no teiko
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2006.6
ページ数 337, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4275004396
NCID BA77211749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21078551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想